2011年01月30日

【動画紹介】ルカさん聖誕祭!ゴーストバスターズ

 参加サークル『S-TRIBE』にて、正式公開がアナウンスされました。こちらにも書きますねぇー!

GHOSTBUSTERS feat. 巡音ルカ
http://www.s-tribe.net/music/sososo/034-ghost

 前の日記にも( 【【イラスト】『ゴーストバスターズ!』のお誘い】(切身魚-2011-01-26 22:20:58) )書きましたとおり、著作権まわりはクリアしておりますよ。

ニコニコ動画版


YouTube版


 Twitterで英語募集かけたところ、オーストラリアの大学生からも『Ghostbusters!』のお声をいただきました。
 VOCALOID好きに限定されない、幅広い層の人たちから支持される楽しい曲。

 それがレイ・パーカーJr.さんの『ゴーストバスターズ』ですねぇ!

 ユーレイだったら、こんなルカさんに除霊されたいですw
 今回は支援イラストと英語技能で参加しましたが、他にも出来ることは一杯あります。もっと出来るようになりたいですねぇー!
 趣味(非営利)とはそういうこと。
 買収不可能な人間を動かすというのも、そういうこと。

 買収不可能とは:肉、魚の美食では釣れないベジタリアン。
 フェアトレードではない珈琲やチョコも不可。
 贈答品の嗜好が激しく、石けんにいたっては『自作サイコー!』原理主義者。嗜好を知らずに(=知ろうという努力なしで)モノ贈られるとたいてい気分を害する。
 酒飲むと死ぬのでエンカイ不可。友人知人以外に、同一空間で煙草を吸われると拷問と感じる。
 ゲンナマ、もっと不可。
 興味を持っている本や『銀貨2枚で購える』オカシでなら買収可能だが、「その金額に見合ったこと」しかしないか、餌の食い逃げ上等とする。

 興味や主義主張の共有でつながりをもった『自分らが楽しいのが一番』、という動機付けのクラスタ。
 場合によっては(というか私にとっては多くの場合w)、余暇時間とリソースは職業集団より、個人的興味のクラスタを優先して消費します。
 だって職業集団=1年半後にはご縁がなくなる場所、ですから。
 個人的価値側面についても、『まず、勉強魔でイロイロデキル人というイメージ浸透後に』『上澄み部分の、一般人に公開可能なものだけを少量ずつ』公開はしても、共有はしない。
 共有する部分を作るために、どれだけリソースが必要かを考えるに、「コストパフォーマンスを鑑みて」「オタクカミングアウトはして、随時聞かれれば答えもするが、それは『親善大使』として穏やかに、世界全体の調和を目指してお答えするべき」という振る舞いを己に課しております。

 Wikileaksの情報透明化と、TwitterやSNSといった情報共有。
 この二つが今後のネットワーク世界と、連動した実社会の動きに大きく影響してくるのかもしれませんね。
 人生の楽しみは尽きませんのぅ!はっはっはっはっ。
posted by 切身魚(Kirimisakana) at 17:00| Comment(0) | VOCALOID動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【イラスト】凍蝶-Itetyou-に参加しました

 おはようございます。切身魚です。
 哀しみをうたう二重唱。
 浮草さん作詞作曲、キイカさんとの共同調声コラボ作にイラストで参加しました。

ニコニコ動画版
【巡音ルカ】凍蝶-itetyou-【オリジナル】


YouTube版
【巡音ルカ】凍蝶-itetyou-【オリジナル】 Freezing butterfly


提供したイラストはこちら
凍蝶(Freezing butterfly)用素材Ver1&2
http://piapro.jp/content/kgyarl11mhmi6so9

 北方美術やバロックのドラマチックな画面に影響を受けている、この脳内の化学反応の結果。
 ルネッサンス以降の欧州にあるよーな、ばっさぁーとした袖が描きたかったんじゃあぁああああ!
 もっと言うならまとわりつくよな分厚いビロードのロングスカートも!
 お美足は編み上げブーツ、これが鉄板でしてよ!
 そして、巡音ルカっぽさを出すために、悲しい音色にもかかわらず、リボン及びスカートは紅色。コレは譲れません。

YouTube公開までの道のり:
1.浮草さんが日記で書いていらしたので、ボーカロイドにゃっぽん(VOCALOID系SNS、招待制。以下、『にゃぽ』と略記)メッセージで
「(要約)時間が合いそうなら、描きましょうか?大まかなイメージplz」

・和風ですか 洋風でしょうか
・色調の希望
・リアル系ではなく、情緒的イラスト?

と問い合わせ。
2.浮草さんより返信来る。

・洋風
・雪の白
・一人きりの部屋にともす蝋燭
・心象風景なので、情緒的なイラスト

3.音源mp3添えていただいたので、描いたものをFirestrageにパスワードつきでアップ。にゃぽメッセでお知らせ。
「情緒的といいつつ具象画になってしまうのは、我ながら業が深いことでございます。イメージに合えば、どうぞ御利用ください。

ご利用頂けるという事であれば、下記条件にもご同意くださいませ。
・ピアプロへの公開、関連する動画へのリンク収録
・後日のイラスト集への収録(非営利有償利用)、blog公開、その際の採用動画へのリンク、紹介等
レイヤーつきPSDのが動かしやすい、ということでしたらPSDもお送りできます。色調や小道具なども、今ならまだ編集できますぜ!

おおっと今回は見送りだ!という際も、ご一報いただければ幸いです。」

4.ニコニコ動画用の4:3版素材用意したり、イラスト公開タイミングを相談したり。

5.ニコニコ動画投稿は浮草さんご担当。YouTube投稿は切身魚チャンネルで行う相談。
英語圏向けの担当者HN表記、作者からのメッセージの有無をメッセージしていただくことに。

6.いくつか確認をとった上で、YouTube版情報は下記のようになりました。

Original music from Japan.Song of sorrow is dancing on the cold piano melody.(日本からオリジナル曲をお届けします。冷たいピアノメロディの上に踊る、悲しみの歌を。)
Vocaloid:Megurine Luka
(Luka manipulate:Kiika & Ukikusa)
Lyrics,compose & Movie:Ukikusa
Illustration:Kirimisakana

The freezing butterfly,she accepts a winter cold.The butterfly will survive icy season praying for her loved one.We call her "Itetyou (Freezing butterfly) ".

Original lyrics: URL
Niconico version: URL
Illustration: URL

作詞作曲:浮草
VOCALOID:巡音ルカ
調声:キイカさん、浮草
イラスト:切身魚
歌詞  URL

メッセージ部分和訳
凍てつく蝶、彼女は冬の寒さを受け入れている。
その蝶は、氷の季節を愛した人への祈りとともに、耐えて生きのびるであろう。
人は呼ぶ、『凍蝶-Itetyou-』と。

 情緒的に英訳してみました(`・ω・´)
 ニコニコ動画版もYouTube版も、どちらもお楽しみくださいね。
 そしてS-TRIBEから公開予定の『ゴーストバスターズ!』もお楽しみに♪
 人生の楽しみは尽きませんのぅ!はっはっはっはっ。
posted by 切身魚(Kirimisakana) at 08:02| Comment(0) | VOCALOID動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

【イラスト】ピアプロに出す以上想定の範囲内

 本日は、ピアプロ公開作品『 裏通りの午後』 http://piapro.jp/content/l3gf6k04ngyo5zpf に、使用報告のメッセージが着ておりました。喜ばしいことです。
 ニコニコ動画『from Y to Y』のPVに使用、( http://www.nicovideo.jp/watch/sm13357261 )とのこと。一瞬でしたが、キチンと

・事後報告及び動画のURL添付
・動画内クレジットも誤字脱字無し

 で御報告いただきまして。さっそく動画を拝見し、ありがたい事でございますので、お返事さしあげました。

 さてここからが本題です。
 動画のコメントにて、「絵の使い方がよろしくない」という論調のコメントが見受けられましてな。
 私には、見当ハズレのコメントに感じられます。
 『ピアプロ』は個別許諾要/事前許諾済みのいずれかを選べるシステム。
 そのシステムを利用し、『事前許諾済み』で放流する以上、一瞬といえど利用は利用。権利処理の仕組みに則り、礼節もきちんと弁えた御報告をいただき、クレジットまで何処に出しても恥ずかしくない仕上がり。
 そこに絵師として、何の異議申し立てがありましょうか。
 少なくともわたくしにはございませんよ。

 動画というのは一つの絵や、一つの曲だけで成り立つものでもございますまい。演出の必要があれば、多数のイラストを使用することも当然です。
 動画を視聴なさった人が、『好きか、好まないか』を決めるのは、これまた別の、『受け手の価値判断』でございます。余人が口をさしはさむことはございません。

 ただその際、「歌い手の選曲センスと、技芸」以外に、判断の基準を置く。
 しかも
「第一基準として、絵の枚数と動画の演出方法」
 に判断の基準を置く。

 これまた、すんごーく奇妙な価値の判断基準に感じられますねぇ。視聴者として一般的とは言いがたい感覚をお持ちのご様子。
 しかも、
「ピアプロ放流時に想定範囲内の利用だ。問題ない」
 と絵師(の一人)が公言しているのですぞ。
 匿名の場には『這い寄る悪意』や『対立煽動の犬』がうごめいていると申しますが、その片鱗を見た心地がいたします。
 
 さて、私は次の動画準備に手をつけております。また順次御報告できますよう、キリキリ励んでまいります。
 人生の楽しみは尽きませんのぅ!はっはっはっはっ。
posted by 切身魚(Kirimisakana) at 21:14| Comment(0) | VOCALOID動画紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする